金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

トップページ | 新着情報 | 注目記事

キャピタルゲイン

株で得する為の方法は、大きく分けて二つです。
一つはキャピタルゲイン、もう一つはインカムゲインです。インカムゲインも厳密に言えば二つあります。配当金と待遇サービスですね。
では、まずは初心者の方が一番ピンと来ないであろうキャピタルゲインからご説明しましょう。

キャピタルゲインというのは、株価の差を利用して利益を得る、差益と呼ばれるものです。これが、株取引における利益の最も基本的なものとなります。株価というのは、投資家がその会社につける値段と考えて良いでしょう。
現在の株価が500円の銘柄があるとします。この場合、500円という株価が成り立っているという事は、最も高く売りたいと考えている人が500〜501円で売ろうとしている状態、もしくは最も安く買おうとしている人が499〜500円で買おうとしている状態という事です。
もしこの株を500円で買いたいという人と、500円で売りたいという人がいれば、その株は500円で売買され、株価は500円のままです。
500円で買いたいという人がいなくて、一番高く見積もっている人が499円で買いたい、という場合は、売る側がいくら高く売りたくても、500円以上では売れません。
仕方なく売る側が妥協して499円で売買を成立させた時、その株は499円に下がります。
逆に、売る側が500円では売らない、501円だ、という場合、買う側がいくら500円で買おうとしても買えません。仕方なく501円で買った場合、501円が株価となります。
例えば、500円でその株を1万株買って、501円でその株を売ったとしましょう。
501円で買いたいという人が合計1万株分いれば、売買は成立します。そうすると、1円×1万株=1万円から手数料や税金を引いたお金が、差益となるのです。
初心者の方にとっては、最初はよくわからないかもしれません。ただ、ある程度見ていけばすぐわかります。
初心者の方にとっての最大の問題は、理解できるかどうかより、ゲーム感覚に陥らないか、という点のほうが問題かもしれません。

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2002/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



新規公開株式初値予想分析サイト「ドクターIPO」
posted by 株式市場 記録の細道 at 10:19 | Comment(0) | キャピタルゲイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。